スポンサーリンク

ヘビースモーカーでも禁煙できる方法_その3

禁煙

禁煙開始2日目

はっきり言って、初日と変わらない苦しさです。
めちゃくちゃタバコが吸いたいです。

でも、初日と唯一違うのは「既に1日我慢した」という事実です。

このことが大きな「心の支え」となりました。

今たばこを吸ったら、いつかまた禁煙するときに、禁煙初日の苦しみを再び体験しなくてはならないので、それは嫌だなと思います。

しかし、初日はもうすでに乗り越えたので、喫煙しなければ、初日の地獄はもう体験しなくて済みます。

こう考えることで、私は誘惑に打ち勝っていました。


相変わらず、禁煙中になりやすい症状の「強烈な眠気」も私に襲い掛かってきます。

2日目の私は、もう眠い時は寝るようにしました。

日曜日で仕事も休みということもあったので、いつでも寝れます。

しかも寝ている間はタバコ吸いたくならないので好都合です

夜眠れなくなるかもしれませんが、初日と違い、1分でも禁煙時間を稼ぐことを最優先することにしました。

寝て起きて、寝て起きてを繰り返し、禁煙時間も40時間くらいが経過しました。

これぐらい時間が経つと、気づくとすぐタバコのことを考えてしまうので、できるだけテレビやゲームをして気を紛らわし続けました。

一番最初の記事でお伝えしました通り、ここからは「タバコをやめる意思を継続」させることが全てです。


その手段としては、
1.できるだけタバコのことを考えない。
2.それでもどうしてもタバコが吸いたくなったら、禁煙前に作った「やめようと思った理由」リストを読み返す
3.それでも吸いたくなったら、今自分の体は病気が治っている最中だから、このタバコ欲は時間が経てば必ずなくなるので今は我慢しろと根性で耐える。

後はひたすらガムを噛み続けてました。

タバコ代が要らなくなったのに、ガム代のほうが多くなってしまうほど買って噛みました。

禁煙開始直後のこの時だけは、タバコをやめることを最優先事項にするため、多少の出費は目をつむります。

喫煙を続ける未来に比べたら安い買い物です。

これもモチベーションにしようと思って、これまでタバコにかけたお金を計算してみました。

これまでかかったタバコ代
計算してみましたが、15年間で概算ですが約350万円使っておりました!!
(自分でもびっくりしました。。。)

もしやめなかったら、今後かかるタバコ代予想
570円×365日=208,050円

年間で20万円!?いやいや、やはり禁煙は達成しなくてはいけないと思いました。

悪戦苦闘の末、ついに22時になり、二日目を無事に乗り越えることが出来ました

ここまでお読みいただきありがとうございます。
↓↓下記記事に続きます。

過去の記事はこちらです。
↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました