スポンサーリンク

ヘビースモーカーでも禁煙できる方法_その2

禁煙

前回書いた禁煙ブログの続きを書きます。
前回の記事はこちら↓↓

禁煙準備もできたので、いよいよ禁煙開始します!

禁煙開始1日目
禁煙開始予定22時の10分前なりましたので、
最後のタバコと禁煙アプリを準備しました。

タバコに火をつけ、1本目は3分くらいで吸い終わると、そのまま間髪入れずに2本目のタバコに火をつけました。

最後に思いっきりタバコを吸って、「もうタバコはいいや…」と思う作戦です。

2本目を吸い終わり、続けて3本目を吸い始めると、少し気持ち悪い感じでしたが、22時までゆっくり吸いました。

※私の方法は人によっては本当に気分が悪くなる方もいると思います。もし試したりする方は自己責任でお願いいたします。自分の体に合う適切なところでご調整ください。

そして禁煙開始予定の22時になった瞬間に、吸っていたタバコを捨て、禁煙アプリのカウントをスタートをしました。

禁煙開始したばかりの私にとっては1分1秒でも、禁煙時間は尊いものなので、正確な時間を測るためにも、吸い終わった瞬間にカウントを始めました。

アプリをスタートさせて、持っているタバコの残りとライターをゴミ箱に捨てました。

最後に思いっきり吸ったので、このやめた直後は「今まで、なんでこんな不味いものを吸っていたんだろう。絶対やめるぞ!」という気持ちでスタートができます。

ですが、この気持ちは1時間くらいであっさり無くなりますw

1時間経つと、「やっぱりやめるのはまた今度にしようかな」と心が揺れて、コンビニにタバコを買いに行ってしまうことが過去何回もあったので、今回も当然のようにこの気持ちがやって来ると予想しておりました。

ただ、予想していたからこそ、今回は気持ちのコントロールができたため、すぐに「禁煙やめよう」とは思いませんでした。

また、今までと違ったのは最初に「タバコをやめようと思った理由」を箇条書きしたことで、タバコを吸っている状態に戻りたくないと思い出せたことです。

ここで吸ったら、あの窮屈な日々にまた戻るのか…という気持ちが喫煙を回避してくれたことは大きかったです。

とはいえ、吸いたい気持ちがあるのは事実です。
私は基本的にタバコをうまいと思っている人間ですので、純粋に吸いたい欲求が高い方だと思います。

なんとか自分にもう少しだけ我慢しろと言い聞かせて、出来るだけタバコのことを考えないように、他のことに集中しました。プレステなどのゲームで遊んで出来るだけ気を紛らわせました。

そして禁煙開始6時間後になり、気づけば深夜4時。

ここからは、寝ないことを一番の目標にして頑張ります。

出来る限り徹夜して、1分でも多く禁煙時間を引き延ばす作戦です。

というのは、猛烈な眠気の中では、タバコを吸いたい気持ちがそんなに沸かないので、そんなに苦労せずにタバコを我慢できると思ったからです。

案の定、眠気の効果は絶大で、4時を超えてからは吸いたい衝動より眠気のほうが強かったので、タバコを我慢している意識が弱くなっている気がしました。
眠気を耐えるためにも、水を飲んだり、少し歩いたりして、出来る限り起きていようとしました。

私は徹夜が苦手なので、すごく眠くなりますが、もし徹夜が余裕という人は前日から睡眠時間を減らしたりして、調整しておいた方がいいかもしれないです。

全然眠くならなかったら、普通にタバコ吸いたくなると思うのでw

そしてついに、7時頃に力尽きて眠りに入りました。

目が覚めてからが本当の闘いの始まりです。
6時間ほど寝て、13時頃に目が覚めました。(禁煙15時間経過

朝まで起きて、バタンキューした睡眠のため、寝起きはいつもよりぼーっとしておりましたが、起きた瞬間から、日課である「朝の一服」の誘惑が襲ってきます。

おそらく、私の中でこれが一番厳しいハードルです。

正直、ここで挫折するのがいつもの私です。
寝おきのせいなのか、昨日の強い意志も薄まっております。

「禁煙はまた今度にしようかな」と心の中で何度も言い訳が先に出てきます。

そこで、WEBや書籍などで取り上げられている禁煙のお助け方法を試しました。
結構、聞いたことある人も多いと思うのですが、タバコを吸いたくなったら、下記を試すのも良いと思います。
・ガムを噛む、水を飲むなどする
・吸いたい気持ちは3分くらいで収まるといわれているので、3分間別のことを考えるように意識する。自分が好きなことをネットとかで調べたりして気を紛らわしたり、集中力がいるゲーム(シューティングゲームやレースゲーム)をする。

すると朝の一服の衝動は何とか抑え込むことが出来ましたが、吸いたい気持ちは依然として、すごく強い状態なので、禁煙1日目のこの時間が失敗してしまう一番危険な状態です。
ただ、ここを乗り越えれば後々は徐々に楽になるので、ここだけは気合を入れて乗り越えていきます。

起きてから1時間経過(禁煙16時間目)
時間が過ぎるのが長く感じてしまう。10分に一回はタバコのことを考えてしまう状態。昨日作った「タバコをやめようと思った理由」リストを読み返して、やめようと思った理由に再度納得することで、禁煙の意思を再確認する。


16時ごろ(禁煙18時間目)
禁煙すると出る症状(個人差あります)の「強烈な眠気」「頭痛」に襲われる。頭痛がひどくて、鎮痛剤を飲む。眠気に関しては出来る限り寝ないように我慢する。理由は夜眠れないと喫煙欲が出てやばそうなので。だが、あまりにも強い眠気で何度か寝落ちをしてしまう。なんでこんなに頑張っているのか疑問に思いつつも、あと1時間だけ頑張ってみようと自分に言い聞かせて、ずるずる引き延ばす。

20時ごろ(禁煙22時間目)
ご飯を食べたり、飲み物を飲んだりした後の一服が恋してくて仕方ない。だが、もう少しで1日経過するので、そこまでは頑張ってみようと言い聞かせる。

22時(禁煙1日経過)
禁煙アプリで1日が経ったことを確認して、ちょっとした達成感を得る。ただし、今日1日は本当にタバコのことしか考えていなかった気がするので、禁煙する時は、禁煙を最優先できる状態にしないと、他のことに影響が出ると思います。仕事などがある方は、土日開始をお勧めします


振り返ってみても、個人的には禁煙は1日目が一番つらいと思います。
というのは、1日目は「禁煙自体を無かったこと」にしやすいからです。
頑張ってきた時間が短いので、執着が生まれないんですよね。


ただ、あたり前なのですが、この1日目が無くては、禁煙は始まらないので、この1日を達成できたことは非常に自信につながりますので、自分をほめていいと思いました。


ここまでお読みいただきありがとうございます。
下記記事に続きます
↓↓


コメント

タイトルとURLをコピーしました