スポンサーリンク

仕事で自分の能力が低いと感じて改善していること

悩み

私は必死に仕事をして、自分なりにはそこそこ貢献できたんじゃないかと感じても、周囲の人間から、「自分は能力が低い」と評価されていると感じることが多々あります。

その原因としましては、成果物に対しての評価というより、私が人に対して、はっきり物事を言いすぎてしまうところにあると思います。

よく言う「話し方」「言い方」が悪いというやつですね。

これが原因で、私は「相手のことを下に見ている」と人に思われているのだと思います。

そして、技量もないくせに、相手のことを下に見ていると思われている奴は、必然的にその相手からも下に見られます

嫌った相手には、嫌われる。というのと同じですよね。

思いやりの心が無い人は孤立していき、気づけば人から頼られることもなくなり、評価も下がっていきます。

個性は大事な時代とも言いますが、それで簡単に自ら孤立を選択してしまうのも少し違いますよね…。


相手に対してうまく見せる力は社会人にとっては必要なスキルですので、この孤立状態はやはり自分のスキル不足以外の何でもないと痛感しました。

もちろん仕事が忙しすぎて、人生のほとんどを仕事に取られてしまうのも嫌なのですが、人から何も頼られない孤立状態も非常によろしくないです。

先日「人は話し方が9割」という本を読んだのですが、そこに書いてあった内容は私にとって耳が痛いことばかりでした。


この本を読んでから、日々、話し方を気を付けて過ごしています。

やはり、大事なのは「相手を思いやる気持ち」です。

今までの私は、はっきり言ってあげた方がその人のためだからと思って、気づかせるためにも、ストレートに物事を伝えておりました。


ただ、このやり方で結果うまくいったことなんてほとんどなく、如何にそれが独りよがりであったことを最近は思い知りました。

その代わりに今は、
何故その人はそんな風に考えて、こんな発言をするのだろう?
・どうしたら、みんなが気分を害さず、早く仕事を進めることが出来るだろう?
・そして、自分にとっても、どう話したら成長できるだろうか?
・どうしたら最短距離で仕事を終わらせられるか?

と常に一回冷静に心の中で分析してから話すように努めております。

同時に必ず、相手への尊敬の念を抱くように意識します。
相手も一生懸命考えて時間を割いて話してくれるのだから大事にしなくてはいけない。
ということは忘れないようにします。

もちろん人間なので、今まで自分がやってきたやり方をすぐに切り変えることが出来ずに、感情が出てストレートに伝えてしまったりすることも、まだ全然あります。

ただ、その度に「今のいい方は良くなかったな。次は気をつけよう」「次はこんな風にもう少し前向きな話し方をしよう」と反省を繰り返して、ちょっとずつ改善を心がけます

日々繰り返すことで自分の考え方そのものを徐々に変えていけたらいいなと思っております。


いつでも人は変われることが出来ると信じてます!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました