スポンサーリンク

「エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする」(著者:グレッグ マキューン)を読みました。

こんにちは。ユーサです。

2021年の目標「50冊本を読む」ですが、 4冊目の本を読み終えましたので、紹介いたします。


エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする 
著者:グレッグ マキューン 
翻訳:高橋 璃子
出版社:かんき出版

【感想】
「ひょっとしたら、人生を変えてくれたんじゃないか?」 と思えるぐらいの素晴らしい本でした。

サラリーマンの私にとっては、非常に参考になる考え方でした。

聞きなれない言葉「エッセンシャル思考」ですが、「本当に大事なことを捉える方法」について書かれている書籍になります。

やらなくてはいけないことが多く、情報が溢れている現世において、今自分の置かれている状況を一度客観的に見直し、今後どのような生き方をするべきかを改めて考えさせてくれました。

この本を読んで、「それって今本当にやらなくてはいけないこと?」と自問自答することになりました。

人生の限られた時間の中で「本当に必要なこと」だけを選択して行動しなければ、多くの時間を無駄にしてしまい、大きな後悔へとつながってしまいます。

この本に書かれている「エッセンシャル思考」を習得することで、これから先の行動をする上で、これまでよりも良い結果を導き出せるようにしたいと思いました。


おそらくですが、働きすぎの日本人のとっては、読んでいて痛感することも多々ある内容になっているのではないでしょうか?

私にとっても、自分に当てはまっていると言える箇所が何度もありました。

本自体はとても読みやすいので、誰でも気軽に読むことができると思いますが、 特にサラリーマンなどの仕事されている方にはお勧めできます!

個人的には、本の内容としては、下記記載の部分が心に残りましたので、今後は特に意識して行動したいと思います。

・物事の本質を見抜く力を磨くやり方
・議論が起きているときに、一歩引いて考える
・常に何に対してもバッファを取る
・1日の最初に最難関のことをやる
・過去や未来のことを考えず、今目の前のことに集中する。

非常に大事なことが詰まっている本だと思いますので、定期的に読み直したいと思っております。

読めば人生変わる方も多いと思いますので、ぜひ読んでみてください!

ここまでお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました