スポンサーリンク

2021年に読んだ本の紹介1_「ニュースの読み方」「勉強法」

こんにちは。ユーサです。


私は2021年の目標の1つに「本を50冊読む」と決めております。

こういった目標を達成するには、最初がとても大事なので、年始から気合入れて本を読んでますw

早速2冊の本を読み終わりましたので、本日はそちらを紹介します。

⬛︎1冊目
社会人として必要なニュースの読み方が5時間でざっと学べる(池上彰)

【感想】
いろんなニュースを見ていて、何となく内容はわかるけど、人に聞かれてもちゃんと説明できないなってことは結構皆さんあるんじゃないでしょうか。

また、良くテレビで取り上げられているニュースなのだけど、実は全然わかってなくて、しかも今更、人に聞けないな。って感じている人も多いんじゃないでしょうか。

私は間違いなくその一人で、ニュースでわかってないことが多いなと日々実感がありました。
年齢的にも、ちょっとこのままじゃかっこ悪いなと思い、本屋でこの書籍を見つけて、購入しました。

内容としましては、非常にわかりやすく、多くのトピックスについての記載があり、簡潔にまとまっているので、読みやすい本でした。
この一冊を読んでからニュースを見るだけで大分今までと見え方が変わってくると思います。
もし私と同じような方がいましたら、ぜひオススメです。

⬛︎2冊目
最短の時間で最大の成果を手に入れる超効率勉強法(メンタリストDaiGo)

【感想】
社会人になっても勉強はずっと続けていく人も多いと思います。

個人的には、勉強している人と勉強していない人とではっきりと差が生まれる時代になりつつあるような気がしております。

特に社会人の勉強は学生とは違って、必ず試験があるわけではないので、勉強したことが何かしらの実践に活かせるようにしたいですよね。

実践に活かす勉強は、時代とともに学ぶことも変化をしていくので、終わりが無く、継続が必要なので大変ですよね。

どうせ勉強するのなら、誰だって出来れば効率良くしたいですよね。

私もできるだけラクに効率よく勉強したいと思い、この本を購入しました。

この本を読んで、これまでの自分の勉強方法の見直しを考えさせられました。

参考書にアンダーラインを引いたり、語呂合わせで覚えたり、内容を要約したりすることは科学的に効率が悪いと言われているようです。

この本では、科学的に効率の良いと言われる勉強方法や勉強前後の行動を紹介してくれています。

もちろん、勉強方法は個人差はありますし、この本の内容が絶対全ての人に当てはまるとは言えないかもしれないですが、それでも大変参考になるのではないかと思います。


私もいきなり全部は無理ですが、少しずつ自分の勉強方法にも取り入れて、最良の方法を探していきたいと思わせてくれた非常にいい本でした。

インターリービング学習はぜひこれからやってみようと思います!

以上ご興味ございましたら、ぜひ読んで見てください。

また、これからも本読んでいきましたら紹介していきます。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました